何年目にどんな名前が付いてる?結婚記念日の祝い方

銀婚式や銀婚式ってどこの習慣?結婚記念日の基本

結婚記念日には、経過した年数によって銀婚式や金婚式という名前があるのは良く知られていますね。これらの名前はイギリス発祥で、15年目までは毎年、その後は5年ごとに結婚記念日を祝う呼び名が付いています。その記念日の名前にちなんだ贈り物をして、お祝いをするのが欧米の習慣なのです。素敵な習慣ですから、我々もぜひ取り入れたいですね。結婚記念日の数え方は、結婚した日から数えていくので、結婚して1年経った日が結婚1周年になります。数え年とは異なりますので注意して下さいね。

毎年の結婚記念日!1周年から10周年まで

まず結婚1周年は紙婚式といいます。名前にちなんでフォトアルバムやレターセットを送り合うのはいかがですか?2周年は綿婚式ということで衣服等木綿製品を。3周年は皮婚式といい、「そろそろ倦怠期だが皮のように粘り強く」という意味があるのだそうです。ここは気を引き締めて、お互い革製品を贈りたいですね。4周年は「花となり実となる」花婚式、5周年は「夫婦で一本の木になる」木婚式です。以降、6周年は鉄婚式、7周年は銅婚式、8周年は青銅婚式、9周年は陶器婚式、10周年はアルミ婚式と続きます。夫婦で名前にちなんだプレゼントを用意したり、レストランに食事に行ったりしながら記念日を楽しみましょう。

忘れないで!11周年以降の結婚記念日

結婚して10年も過ぎると忘れてしまいがちな結婚記念日ですが、ぜひ覚えておいて毎年のイベントにしましょう。11周年は鋼鉄婚式でお鍋を買い替え、12周年の絹婚式でネクタイやスカーフ等シルク製品を、13周年はレース婚式にちなんでテーブルクロスを購入し、と記念日のプレゼントを恒例にするといいですね。14周年の象牙婚式、15周年の水晶婚式を過ぎたら、次は20周年の磁器婚式まで名前はありません。それでも結婚記念日をお祝いする習慣にしておけば、寂しい思いをせずに済みますよ。結婚25周年の銀婚式は「結婚生活の一区切り」という意味なのだそうです。家族で盛大にお祝いを計画しましょう。30周年は真珠婚式で50年目になると金婚式になります。夫婦で長生きして、いつまでも結婚記念日をお祝いできるといいですね。

結婚記念日とは結婚した日を祝うことです。自宅やレストランで食事することが多く、外食の場合は予約をおすすめします。